佐渡牛について


超希少!「佐渡牛」とは・・・?


佐渡牛の歴史は古く、起源は江戸時代にさかのぼります。鉱山での金鉱運搬、田畑での農耕等の運用目的から、佐渡牛は人々の暮らしのいつも身近で飼育されてきました。

現在は、厳選された仔牛をJA佐渡をはじめ生産農家が丹精を込めて黒毛和牛として育て上げて生産しています。

佐渡牛の飼育数は少なく、1カ月当たりの出荷頭数はわずか2、3頭です。 その希少性と神秘性が、「幻の牛」と呼ばれる由縁です。

暖流に乗って海から吹いてくる気持ちの良い潮風を受けて、穏やかな丘陵地帯の中、伸び伸びと成長します。

佐渡牛は脂身の融点が低く、ジューシーな肉汁とお肉の柔らかさが特徴です。


生まれも育ちも佐渡産(佐渡ヶ島)


佐渡ヶ島は、古くから、すぐれた素牛(仔牛)の有数の産地であり、佐渡から全国の育産農家へ黒毛和牛の仔牛を供給して参りました。
その素牛は今でも優れた黒毛和牛として育てられています。
佐渡産和牛は、佐渡生まれの素牛(仔牛)を佐渡ヶ島内で育てたA-3,A-4,A-5規格の黒毛和牛です。
年間出荷頭数が30数頭と限られており、肉質のレベルの高さに加えて希少価値の高い牛肉です。
朱鷺の郷より安全、安心な黒毛和牛をお届けします。


伝統を受け継ぐ生産者の愛情


佐渡牛はJA佐渡をはじめ、真野周辺の4生産農家が丹精を込めて育てています。
写真右はJA佐渡の職員。 畜産センター長・岡崎さんと、和牛センター場長・渡辺さんです。